お知らせ

2020 / 07 / 22  

新型コロナウイルス感染抑制対策について

この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を受けられました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
平素より『まちの踊り場』をご利用いただき誠にありがとうございます。
当宿泊施設では、お客様に安心してご利用いただけるよう、普段から様々な取り組みを行っており、この度の新型ウィルス(COVID-19)による感染拡大の状況を踏まえ、お客様ならびに従業員の健康と安全のため、下記の対策を実施しております。
 
館内での感染対策
【消毒に関して】
・施設の清掃時に、アルコール消毒を普段から徹底しています。
・通常の清掃に加え、フロント台など館内でよく手が触れる部分を中心に消毒を頻繁に実施しております。また、客室のドアノブ・ドアの持ち手や、客室内の取っ手、リモコン、スイッチなども消毒しております。
・金銭授受のやり取り後は必ずアルコールで手を消毒いたします。また、金銭収受時は手渡しではなく、キャッシュトレーにて行います。
 
【換気に関して】
・ダイニングの換気扇に加え、必要に応じて窓開け換気の実施をいたします。
・清掃中は窓を全開にし空気の入れ替えを行います。
 
【スタッフの健康管理】
・清掃時、チェックイン時にはマスクの着用を徹底します。
・スタッフの体温が37.5℃以上の発熱や咳などの風邪の症状、味覚・嗅覚異常、倦怠感があるなど体調が優れない場合は業務に携わりません。
 
【お客様へのご協力のお願い】
・全ての宿泊者を対象に、検温を実施しております。37.5度以上の発熱が認められた場合は、再度検温をさせていただきます。2度目の検温結果も37.5度以上の場合は、保健所の指示に従い、ご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。
 ・入口および館内各所にアルコール消毒液、手洗い洗剤を設置しておりますので、小まめな手指消毒の実施をお願いします。
・前のご宿泊者との時間をあけたく、アーリーチェックインをお断り(11時〜14時ごろまでの早めのチェックイン)させていただく場合もございます。ご了承ください。なるべく通常通り15時以降のチェックインをお願いいたします
2019 / 10 / 10  

金澤町家巡遊2019にて

写真 2019-10-10 15 26 08.jpg

金澤町家の魅力を身近に感じてもらえる体験型イベント『金澤町家巡遊』

その魅力を、移住した外国人らに聞くトークイベントがここ、「まちの踊り場」でも行われます。

写真 2019-10-10 15 26 08.jpg

10月20日の13時〜(参加費:1,000円)

お申し込みは町家研究会事務局076-254-0647まで

写真 2019-10-10 15 26 15.jpg

写真 2019-10-10 15 26 21.jpg

 

写真 2019-10-10 7 56 14.jpg

中日新聞さんでも取り上げていただきました。

普段はご宿泊のお客様のみ滞在していただく空間ですが、

この日はお気軽に様々な方々に見ていただけます。

この機会にぜひご参加ください!

 

 

2019 / 07 / 17  

お客様のご感想

3:30jpg.jpg
徳田秋声気分で、思い出、気になったことをなんでも気軽に書き留めていただけるように、『旅の日記帳』を備え付けています。 2019年3月30日にご宿泊のお客様から。ありがとうございます! ご検討されている方のご参考にしていただければ幸いです。 あいうえお作文にしてくださってありがとうございます。 またまたお越しいただけることを楽しみにお待ちしております!
2019 / 02 / 17  

徳田秋聲記念館主催の文芸散歩

スクリーンショット 2019-02-17 23.15.03.png

徳田秋聲記念館のブログ『寸々語』で貸切宿「まちの踊り場』の事を取り上げて頂きました。「まちの踊り場」は以前はレンタルスペースとして運営していた時期がありましたが、今後は貸切宿として運営が始まる為、基本的にはご宿泊いただかないとお部屋やお庭を見ていただく事ができません。

ですが、3月21日(祝日)に限っては、徳田秋聲記念館主催の文学散歩『踊り場参り』のご参加者には中を見ていただく機会を作らせて頂きました。

スクリーンショット 2019-02-17 23.25.32.png

ご興味がございましたら、ぜひご参加ください!

 

 

2019 / 02 / 11  

北陸中日新聞で取り上げて頂きました!

S__2048003.jpg

2月11日付けの北陸中日新聞さんに『まちの踊り場』について取り上げて頂きました!宿の名前になっている徳田秋聲の小説『町の踊り場』にも、この家の庭についての描写『年々苔のついてくる庭の一木一石、飛石の蔭の草にも、懐かしい記憶があった』とあります。

 

宿に泊まって、庭の一木一石を眺めるのも乙だと思います。

 

徳田秋聲記念館の薮田さんがおっしゃる通り、秋聲ゆかりの建物に宿泊できるのは大変貴重だと思います。

北陸中日新聞さん、掲載ありがとうございました!

詳細→web記事

1 2